FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/10/10

越冬用の飼育環境のセッティング

今日は屋外越冬用の飼育環境をリセットして立ち上げました。

まずは、こちら。
22281713_807451999424887_5202279306807646724_n.jpg
左官用のプラ舟、60ってタイプのものを使いました。

姫睡蓮の親株をこちらの舟に移動しようと設置しています。

シーズン中に付着した藻などは取り除いておきます。

まずは、容器の半分ほどまで汲み置きの水を張ります。
22281648_807452019424885_4115842245428584070_n.jpg
塩素中和剤を使って水道水を使っても大丈夫です。

水道水の場合は温度合わせなどを入念にしましょう。

それからあらかじめ選別しておいたメダカを元の飼育水と一緒にバケツに確保してあります。

ここでは、白ブチラメを15匹越冬させます。

温度は合ってるのでバケツの水ごと舟に流し入れてやります。
22308951_807452056091548_8316429516392018423_n.jpg
まだ水が足りませんね。

汲み置きの水がまだ足りない状態でメダカを飼育水ごと入れてやり、少し慣れたところに更に汲み置きの水を入れてやる方法にしています。

更に汲み置きの水を入れて水位を合わせました。
22282029_807452079424879_9175738818680432784_n.jpg
これで一応、セッティングは完成。

店主は元々底砂を入れるつもりはなかったのですが、入れたい人はセッティングの時点で決めておきましょう。

さて、ここまでセットしたら、12月の頭までは普通に飼育します。

水換えは特にやりません。

減った水を優しく足してあげる感じで維持していきます。

さてお次は。
22308722_807452149424872_1980068194825460615_n.jpg
シーズン中に姫睡蓮が入っていた舟です。

こちらは掃除をしてヤゴを取り除いて空にした状態です。

ここにガガブタを植えたものを入れて水を張ります。
22310185_807452216091532_3186555210823016355_n.jpg
これも、さっきの舟と同じ要領で水を張って魚を放して、また汲み置きの水を足していくという流れです。

魚を放して。。。
22405967_807452176091536_4696183475594111800_n.jpg
ここには黒いメダカを放しましたが、緑色の容器には黒が合います。

しばらくしたら、汲み置きを足して完了!
22365174_807452329424854_2289171949118827706_n.jpg
基本的に店主はいつも作業的に数をこなしているので速いです。

雑だと言われそうですが、どのタイミングでどの程度の水を張って、魚をどのタイミングで入れて、その後の足し水はいつやるのかということも、ちゃんと考えてやっています。

基本的に魚を見てやっています。

特にエラの動きを見れば、魚がしんどいのかしんどくないのかが分かります。

水道水を中和するならば、何回かに分けて水温合わせと水合わせの両方をやったほうが良いと思います。

とにかくこの手順でやってれば、そんなに心配は要らないのです。

越冬っていうのは人の手がほとんど加わらない状態なので。
22366337_807452106091543_7175529784468412606_n.jpg
掃除係の助っ人を入れておきます。

今回はラムズホーンです。

いくつか入れておけば大丈夫です。

それから、ハウスの中の魚を外に出すということで。
22308702_807452122758208_3897655712686640184_n.jpg
ミジンコを入れておきます。

これで明日~明後日くらいまでは確実に餌が抜けます。

この置き場にメダカが慣れたら餌やりを始めようと思います。

それまでを繋ぐのにはミジンコがピッタリですね。

今日最後の容器は。
22405500_807452359424851_482985018893664539_n.jpg
黒くて深いバケツ。

これは手が掛からない良い容器です。

冬越しの実績も抜群です。

先ほどと同じ段取りで水とメダカを入れていきます。
22308780_807452432758177_4955052062853240960_n.jpg
ここには赤くなるものを入れておきます。

黒い容器で深いとくれば色上がりを期待してしまいます。

ここは6匹が限度と思っているので6匹の琥珀透明鱗ブチを入れておきました。

これでセッティングは終了です。

12月に入ったら容器の深さなどを考慮して越冬に問題が生じそうなところを手を加えて越冬できる態勢にしていこうと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。