FC2ブログ
2017/09/28

越冬で役に立ちそうな脇役

品種ごとに繁殖している場合、メダカ以外の生き物を入れておくと邪魔になると感じています。

スネール(貝類)やシュリンプ(エビ)など。

スネールの中でもラムズホーンはコケ取りなどで重宝してました。

ミナミヌマエビはビオトープのお供として役に立つだろうと。

【ラムズホーンの良いところ】
残った餌を食べてくれる。
飼育容器に生える藻を積極的に食べてくれます。
イレギュラーで死んでしまったメダカを食べて消化してくれます。

【ラムズホーンのいただけないところ】
糞が多い。
爆殖するので、ある程度殖えたら処分することも必要。
トリーナなどに産み付けた卵をバラバラにして底に落としてしまう。
餌が足りないと餓死する。
冬場の低水温で結構な数が死ぬ。

こうしてみると爆殖すればガサっと捨てれば良いし、糞が溜まれば容器を掃除すれば良いということで、かなり重宝しました。
トリーナに卵が付かなくなりますが、そこから網で濾して回収するので問題ありません。
卵を食べてるという説もありますが、スタッフが室内環境で観察した結果、粘液を舐めまわして卵をバラバラにして落っことしてしまうようです。

【ミナミヌマエビの良いところ】
残り餌を食べてくれる。
イレギュラーで死んでしまったメダカを食べて消化してくれる。
低水温でも比較的に活性が高い。

【ミナミヌマエビのいただけないところ】
高水温や酸欠に弱いので夏場はメダカよりも先に死ぬので、不意に水が悪くなることがある。

他のエビはミナミヌマエビほど温厚ではなくメダカを襲う可能性がありますので、一緒に飼わないほうが良いと思います。
ビーシュリンプの仲間は温厚なのでメダカと一緒に飼えますが、通年屋外という環境にあまり適さないので室内飼育での混泳をお勧めします。

こうしてみると、ミナミヌマエビは低水温に強いので越冬のお供としては適しているかもしれませんね。
既に繁殖は終わっていて飼育しているだけの状態ですので、こうした脇役が飼育容器の掃除係をしてくれるとありがたいものです。
越冬前から1容器に何匹かずつでも同居させておくと良いと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント