FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/11/02

異種交配による新タイプの作出と、その意義

前記事からの続きという感じですが、
この記事では異種交配によって新タイプを作っているという主旨のものです。

「松井ヒレ長幹之×若草ラメ」という交配に取り組んでいました。
若草ラメという黄金色基調のラメメダカのヒレ長を作ろうという目的のものです。

画像はF2(交配雑種同志から生まれた仔)です。
14520556_1246866678702978_7256518670997735172_n.jpg
14519933_1246866695369643_8744237803567011141_n.jpg
メンデルの法則によって素直に出てくるだろうと判断して1交配のみで作っています。
色味は青と黄金の2種類に分離しています。
ヒレは伸びたり伸びなかったりと不安定です。
3世代目ではヒレ長に関して更なる固定を目指す。という感じで作っていきます。

メダカを作るのは1人で全てを賄うのは無理な話です。
交配の材料は他から入れる場合が多いのですが、その店やブリーダーによって得意な分野があります。
当店が新しいタイプのものを作る意義は、多々ありますが大きく2つです。
当店作出の品種が完成した際に、その品種として一般のお客様に楽しんでもらうこと。
もう1つは他の方の交配の材料にしてもらい、更なる進化を見込むこと。
そんな感じです。

当店はメダカの生産販売を生業としていますので、仕事ではあるのですが、やはり店主が好きだからというところに尽きます。
当店で作ったメダカがお買い求めいただいた先で、どう進化するのかというのは楽しみなことなのです。
そんな楽しみを抱きつつ、普段からメダカ作りに励んでいるのです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。