FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/11/24

白ブチラメ

昨夜アップしたエントリで後者の親にしたやつと同じ口の白ブチラメ。

仕入れ品だったんだけど、どうやら三色ラメのものらしい。

それも結構良いやつだったという。
IMG_4520.jpg
IMG_4521.jpg
純粋な白ブチラメが欲しかったんだけど、これ繁殖させれば三色がボチボチ出てくるのは間違いないのと、

ラメのレベルがハイレベルすぎて、

残ったら残ったのでセルフ繁殖しても全然悪くないな~って思ってます。

白ブチラメ オス2匹 メス2匹 合計4匹セット

④と⑥が在庫で残ってました。

うち、これがひと段落すると在庫切れとなるので、

お早めにお買い求めください。

なんか、今の時期に心配だという人は、

ミジンコを一緒に導入すると良いと思います。

んで、5日~1週間は餌切り。

自分とこの環境に合ったら自分とこの管理に移行していけば良いです。

ミジンコの販売ページ

昨日、在庫追加しましたよ~って言った後に、

問合せがあった方じゃないお客様からの注文があり、

やはり人気だな~と。

培養、管理頑張らないとホントに在庫切れさせちゃうな~って思ってます。

本当にありがたいことです。

それはそうと、三色ラメってピンキリなんだけど、

今は一般的に見ると、どのくらいの位置づけなんだろう?

昨年は高嶺の花くらいに言われてたけど。

しかし、どんな品種でも、その品種のSクラスっていうくらいの上物は、

いつでも高値が付きますね。

これは楊貴妃だって琥珀だって幹之だって言えることだと思います。

だから、幹之のヒレを光らせようとか、真っ赤な楊貴妃作ろうとかって、

試行錯誤してるんだと思います。

昨夜載せた画像。
IMG_5036.jpg
真っ赤にはならないやつだと思います。

柿色以上、赤以下。

友達以上、恋人未満って昔言いましたねー。

若い頃に言われると、そりゃもう悔しいのですが、

今ならそのほうが都合が良かったり。

って、そのことについて話す必要はなくて、

柿色以上、赤以下っていう感じの色味なので、

ここから繁殖させて、赤になる個体を見ようと思います。

赤にすると幹之っぽさとかラメっぽさがなくなっていく。

そう体感しているだけに、

これだけラメが乗ってるものも、そうなっちゃうのかな?っていうのを見たいです。

さて、今回のエントリの白ブチラメ。

白ブチラメ、オス2匹、メス2匹、合計4匹セット ④と⑥の在庫あり

素性もなんとなくわかったことだし、

興味をそそるかな?

お買い求めお待ちしております(^O^)

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

今日はお店が定休日ってこともあって、

朝から宣伝記事全開ですが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

1つのメダカの素性が紐解けていく瞬間って、

とても楽しく感じられます。

私が以前から言ってきたのが、

「殖やせば正体が分かる」

ということです。

これらをセルフで繁殖させると、きっと考察したことが確信へと変化します。

その繰り返しがメダカの品種改良なんですけど、

それがとても面白くもあり、

時にはダメだったーって思うこともあったり、

飽きることなく続けています。

そんな私のライフワークのひとかけらだけでも、

お客様に楽しんでもらいたいです。

また、それをブログ記事として投稿することで、

読んでいる人に少しだけでも体感してもらえたら嬉しいです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。