FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/11/02

選別による新タイプ作出と、その意義

めだか夢やでは店主が普段から飼育管理はもちろんですが、新しいタイプのメダカを作っています。
新しいタイプやバリエーションのメダカを作るためにやっていることが2つあります。

・異種交配によって、それぞれの特徴を遺伝させて新しいメダカを作る。
これは店主の場合、あらかじめ目的を決めて行っているものです。
Cというメダカを作るためにAとBを用意するといったような感じです。
メンデルの法則によって現れるものと、そうでないものがありますね。

・選別をすることによって新しいタイプを作る。
これは既存品種を選別する際に他と変わった特徴を見出して選別して固定するという手法です。
突然変異などもこれにあたるかもしれませんが、そうそう見つかるものではありませんね。

画像は後者によって作り出されているもの。
IMG_4030.jpg
松井ヒレ長幹之(全体伸長型のヒレ長幹之)の中からヒレの光の強いものを選って2世代目というものです。
まだまだ、完成品とは言えませんが、尾ひれの光を追っている中で、尻びれと背びれの光がとても強くなっています。

いきなり完成とはいかなくても、選別している意義というのはあるものですね。
IMG_3988.jpg
尻びれと背びれの光が強いため、泳いで転回するたびにヒレの光が良く見えます。
まだ、ヒレが完全に伸びていないので、伸びれば更に美しく見えることでしょう。
これに尾ひれの光も完全になってくれば。。。と、期待を寄せてしまいます。

完成の可能性が高いものを販売ページにアップしてあります。
リンクを貼っておきます。
販売ページ
松井ヒレ長幹之ヒレ光というものがそうです。
今年ブレイクした松井ヒレ長幹之ですが、より品位の高いものを目指してみるのも良いでしょうね。
以前に、メダカの先輩から聞いた「どうせ飼うなら良いメダカ飼いたいやろ?」という言葉が思い出されます。

まだ、屋外飼育への導入は可能な時期です。
来季の種親として確保しておくのはいかがでしょう?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。