2017/01/30

ここ数日はロスする時間が多く

こんばんは。

所用が多くて、メダカ屋の業務がはかどりません。

店主も中年なんで余計な用事が増える年頃だと思って、

イライラしないようにしています。

15時くらいからハウスへ行って餌やりと少しだけ選別して、

発送しておしまい。

そんな日が今日で3日目。

明日はハウス作業はもちろんですが、

事務仕事もバリバリやってやろうと思います。

今日の夕方に帰宅してからは、すぐに寝てしまいました。

目が覚めても体が動きたがっていないので、

体は黄色信号かな~なんて思いながら、

明日動くためにも、今夜はスイッチ切って休もうと思います。

もっと若い時に起業すりゃ良かったと思いつつも、

店主のような中年のオッサンが抱く夢を1つずつかなえていこうと、

奮い立たせつつ、明日も楽しくやっていきたいと思います(^O^)

画像はここ1週間くらいで、また動くようになった松井ヒレ長幹之です。
IMG_7624.jpg

良いものは良いということで。

アダルト個体になればなるほど、ヒレ長ならでは、幹之ならではの美しさを表現してくれています。

1つの完成形であり、基軸となる重要な品種といえるでしょう。

比較的に安価になってきたと思います。

販売ページも是非覗いてみてくださいね。



スポンサーサイト
2017/01/27

昨日と今日は南風

こんばんは。

昨日と今日は日中が非常に暖かく感じました。

風が時折強いものの、それは南西からの風。

さあ、いよいよかな?

当然ながら寒の戻りなどはあるだろうけれど、

寒くなる一方という流れは、ここで変わってきている。

ということは、朝凍ってなければ昼間は水面に上がってくる。

話は変わるけど、当地では梅の花がチラホラと咲き始めた。

やはり、今年は春が来るのが早い。

少なくともメダカの動き始めは早くなるだろうと思っています。

そうなると、病気が心配だな~。

一方的に暖かくなるわけではないと思いますし、

屋外飼育における餌やりのスタート時期については悩むところです。

週間天気を見ながら、次の日に寒いとわかれば餌やりはパスする感じ。

感覚的に掴んでいきましょう。

当地の週間天気予報だと月曜日までは暖かいようなので、

日曜午後くらいまでは餌やり可能で、それ以降はとりあえずパスしておこう。

そんな感じです。

とにかく、スタートが早まりそうな2017年のメダカシーズン。

メダカに置いてけぼりを食わないように、早めの準備をしていきましょうね(^O^)

今日はこの画像。
IMG_8750.jpg

篤姫系統の朱赤透明鱗ヒカリです。

黒味が少なくてスッキリしすぎる色合いですが、

色上がりするとビックリするほど。

うちでの在庫が少なめなので早めに確保しておいてほしいメダカです。

それでは、明日も楽しくやっていきましょうね(^O^)


あんまり個人的には好きじゃないリンクバナー
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
自分で踏んでみて、踏んだ先がメダカ屋ばかりでビックリした昨日でしたw
2017/01/26

明日こそは作業だな

こんにちは。

今日は昨日小学校を早退してきた下の子を朝病院に連れて行って、インフルエンザの検査をしてきました。

結果は陰性。(ヨカッター)

そして、いつもより遅れてハウスへ到着して餌やり。

餌を食わせている間に動画を1本撮影しました。

↓これ


だいぶ撮影にはなれました!

これからもいろんなものを撮影していきたいもんです。

そうこうしている間に、学校から嫁へ、嫁から私へと、

上の子が熱出して早退するから迎えに来てくれと。。。

あー?中学なんだから1人で帰せば良いじゃんかよ~という感じでしたが、

病院も行ってほしいと。

仕方がない。ほとんど何にもしてないけどあがるか~と、

あっ、もう1本撮ろうと思って用意してたんだった。

帰る前に撮ろう!ってことで、

↓これ


帰りたくもないのに帰らなきゃならないのが喋りに滲み出てしまっています。笑

撮影後、片づけをしてあがってきました。

んで、中学寄って病院へ。

A型インフルエンザでした。

なった当人は気の毒ですが、私も伝染らないようにしないとです。

メダカの写真くらいあったほうがメダカ屋のブログらしいと思うので。
IMG_7822.jpg

朱赤パンダヒカリ体型です。

1年くらい前の画像で、子供が売るほどいないという残念な状況です。

あしたこそ、選別して写真撮影しないと、ヤバいわ~

そんな中でも、追い込まれるような変な気持ちにならずにいられるのも、

好きなことを仕事にしたからかもしれませんね。

好きなことには情熱をいくらでも注ぐことができますものね。

今の時期は貧乏ですが、心は意外と豊かでいられていることには感謝ですね。

以前にブログランキングに参加して、
ブログをエントリしなければいけない義務感に疲れてからは、次にブログを書く時には参加しないと決めていたのに、登録してしまいました。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
押すも良し、押さないのも良し。

このブログはメダカっていうよりも人生観だもんねぇ~( ̄▽ ̄;)

2017/01/26

こんばんは。

今夜は夜更かししてます。

午後まで順調だったけど

子供が熱出して小学校早退してきたので、

早めに作業切り上げて、

病院連れて行ったり、

夕方はバタバタとしてしまいました。

メダカの写真も新たに撮ってきたわけではないので、

通販のアップはナシ。

事務的なことを1つ1つですが、

地道にこなしています。

海外発送についても、

日本からの直行便として手配は付けましたので、

早い段階で英文ページも作っていかなきゃです。

夜はPCに向かってる時間が多くて、

変な疲れ方をしていますが、

なんとか思ってることが1つずつ実現できています。

明日も頑張らねばです。

そうそう、今日の当地の風は南向きだったような気がします。

寒さは一旦底を打ったような感じですね!

今夜も一服しに外に出ても凍えるほどは寒く無かったように思えます。

明日は楽かな~

選別まで手が回らなかった分、

全容器水替えは終わったんで、

明日は1日を選別に充てたいと思います。

それでは明日も楽しくやっていきましょうね(^O^)

IMG_8710.jpg

IMG_8714.jpg

IMG_8716.jpg

松井ヒレ長幹之のペアですが、

これは大した個体になると思いますよ。

既に売約済みなんですが、

メスは尾ヒレのエンドまで光ってるタイプ。

オスは尾ヒレの両端が光ってるタイプ。

まだまだヒレは伸び足りませんが、

これは大きくなった時に光る尻尾をフリフリしながら泳ぎますね。

ゾクゾクしますね。

あとは胸ビレですね~

そうそう、サンセットって言葉を先日覚えたんです。笑

そんなふうになると良いな~って思っています。

2017/01/24

ヤバイがしかし。

こんばんは。

今日は午前中は遊びに充て、午後から作業に入りました。

それにしても、通販の様子がおかしい。

一昨日から売り上げがない。。。

って、この寒波では宅急便も遅れが出るくらいの状況では

注文しようっていう気にはならないのかもしれない。

でも、ちょっと異常事態。

ヤバイかな?って

こういう時には不安になるんだけど、

また動き出せばメダカが足りないくらいの状況になるのだろうと思うので、

今は体を休めておこうと思います。

んー、それにしてもどうしたことだ。という感じで、

ちょっと焦ります。

明日は水替えしたら選別しよう。

動き出した時のために販売品を増強しておかないと、

あとから大変な思いをしますからね(^O^)

IMG_5168.jpg

篤姫の系統で朱赤透明鱗ヒカリです。

若い個体なので色上がりしてませんが、

今の素っ気ない色からは想像できないような色上がりをしてくるメダカです。

急いで育てたい気持ちはあるものの、

急ぐと色上がりが追い付かずにサイズばかりが出てしまうと勿体ないので、

じっくりと育つ環境に置いてあります。
(水温は5℃~18℃の範囲で推移しています)

要するにハウスの棚上に置いてグングン大きくする種親候補に対して、

ハウスの中でも地べたに置いて、

比較的に水量のあるところで育てるほうが、

ゆっくり育ってくるので、

色上がりを望むものに対しては、

そのような育て方をしています。

たかがメダカ、されどメダカ。ですね(^O^)
2017/01/23

メダカ屋はコツコツの連続です

こんばんは。

今日は午前中は家庭の用事に時間を使ったので、

午後から作業をしていました。

メダカも生き物ですから、

地道にコツコツやらないと上手く育ってくれません。

多分、放置してても生きてはくれてるんだろうけど、

改良品種においては、

繁殖育成させたうえで選別も行なうので、

目当てのものだけを上手に育てなければ、

お客様からお金をいただくことはできないでしょう。

冬は手を抜いても良いような時期ですが、

ハウスでメダカが動くのであれば、

餌や水替えなどの手は抜けない。

手を抜くとどうなるかは知っています。

春には想像を絶する変わりように。(悪い意味で)

失敗を何度もやらかして、

今に至っています。

だからコツコツとやらなければいけないんですよね。

あっ、これはメダカ屋だからですよ。

愛好家の皆さんは自分がやれるスタンスで楽しんだら良いと思います。

今日は午後スタートだったこともあり、

余力があるので、書き物を進めていこうと思います。

それでは、今日もお疲れさまでした。

明日も楽しくやっていきましょうね(^O^)

IMG_5773.jpg

あっ、昨日も三色だったんだっけ。。。( ̄▽ ̄;)

まあ、とにかく言いたいのは、

ここまでやれば、ある程度時間がメダカを良くしてくれます。

ということ。

だから、ここで手放したいという思いがあり、

お客様の手によって良くしてほしいという思いがあります。
(勝手に良くなるので)

透明鱗系の三色は作り続けますが、

今年は非透明鱗系の三色を作ってみたいと思います。
(良い種いないかな~)



2017/01/23

あっという間の日々

こんばんは。

ここのところフェイスブックというSNSで、

メダカのあれこれをコラム的に書いてるせいもあって、

ブログのほうがお留守になってしまった。

1日の雑感を書いて残しておかなきゃと思って始めたことだけど、

放置プレイにならずに戻ってこれて良かった。

とにかく、夜は起きてるのが辛いので、

今日などは夕方に寝入ってしまい、

今の時間は復活した次第。

これもある程度時間に自由が利く仕事だからできることなのかもしれないけど、

シーズンが始まれば、そうはいかなくなる。

それにしても、1日経つのがあっという間で。

やらなきゃならないことが置き去りにされていく毎日です。

休みが欲しいと体が訴えているようにも感じるけど、

休んだところで医者に行ったり、ゴロゴロしたりする程度だから、

今は良いや。

明日も各種問い合わせが多い。

新しいことを始めようっていう時は、

わからないことが多いから問い合わせるんだけど、

結構億劫なこと。

まあ、自分が好きな作業系を織り交ぜながら、

楽しんでいこう。

IMG_4553.jpg
これは三色(丹頂桜)。

11月の画像だから、もう売れちゃっていないやつだと思います。

新作は光り物からバンバン出てくるけど、

本格的に良いな~と思うのは色物。

フェイスブックとかインスタグラムとかはリアクションが得られるんだけど、

やっぱり色物のほうが反応は良い気がする。

かといって、色物の未成熟個体とかには反応が薄いから、

シッカリ仕上げたやつが良いのだろうな~とは思います。

作り手であり売り手である私の心境としては、

時間が掛かるんだよな~

と、泣き言が入ってしまいそうです。

趣味の傍らで販売してた時には、

じーっくり育てたやつを高値で売ってましたが、

今はそれも叶わない状況なので、

バンバン売っていきたいと思います。

今は透明鱗系三色が主流だけど、

非透明鱗系三色の進化も著しいので、

錦鯉と同じ道を辿るスタートラインに、

そろそろ立つのかもしれない。

なーんて、考えながら今日は休もうと思います。

2017/01/17

一生懸命やってる奴を周りは放っておかない

こんばんは。

タイトルが重いような軽いような。笑

以前に誰かに言われたような。。。
(いえいえ、ちゃんと誰に言われたかは覚えてます!)

一生懸命やってる奴を周りは放っておかない

これ、今夜実感しました。

フェイスブックページのメダカの海外向けの紹介を作って、

第一弾でボコボコに。笑

でも、楽しいんですよね~

スル―されるのが一番辛いっす。

これ作るのは、もちろん一生懸命なのですが、

海外のメダカ好きとSNS使って遊べるとっかかりになる。

そう思って作ってみたんで。

真剣な遊びに周りの友達が乗ってきてくれて

ホントにうれしかったな~

多分、店主がスカした野郎なら、

誰も相手にしてくれなかったかもしれない。

そんな思いを忘れずに、

いつでも初心で楽しんじゃいます(^O^)

そうそう、これはまるで観賞メダカ愛好会という店主が入ってる会で起こってること、そのものなんですよね。

店主があれやりたいこれやりたいで、

周りが各々の強みのあるところで助けてくれる。

それくらい強力じゃないと7時間のイベントに1100人なんて動員できないと思う。

今夜はそれの一部を再現したような熱があったように思えます。

楽しかったな~

では、以下に紹介します。

IMG_7828.jpg

ブラックスワロー (BURAKKU SWARO)

黒い体色。それぞれの鰭が部分的に伸びるメダカ。
鰭のが突出するように伸びる様子が燕の尾のようであるため、ブラックスワローと呼ばれている。
画像の個体は透明鱗個体である。
 
Black body and transiparent scale. Each fins partly stretches.
It is called black swallow because the appearance that the fins stretch out so as to protrude is like the tail of swallowtail.
Individual images are transparent scale individuals.

これはフェイスブックページに載せた海外向けの紹介文です。

明日も楽しんでいきましょう(^O^)
2017/01/16

さあ、やるぞ!

こんばんは。

松戸のお店を移転することになって、

ずーーーっと、モヤモヤしていましたが、

移転先も何とかなりそうで、

「あとはやるしかない!」

という感じになってきました。

見栄とか、ええかっこしいとか、そういうのはもう関係なく、

覚悟って、こういうことをいうんだろうな~

という感じになっています。

まだ確定ではないのですが、

とにかく気持ちだけは今を吹いてる風に乗せて

びゅーーーーーんと、

飛躍したいと思います。

柏市某所といった感じ。
16105815_677571002412988_3414933271617975062_n.jpg
仲間の農家の方と一緒に見に行ってもらって聞いたところ、

この規格のハウスは維持費がえらいこっちゃなんだとか。。。

あひゃー

頑張らないといけません。

今後も応援よろしくお願いいたします。

2017/01/15

全身体内光幹之 横光りについて

こんばんは。

全身体内光幹之。

現在も当店で扱っているメダカです。

全身体内光幹之っていうのは、こんな感じのメダカ。
IMG_6775.jpg
販売品でこのレベルです。

導入した3年前は、もっとぼんやりした感じのが多かったです。

このようにハッキリした芸が、しっかり揃うようになってからは、

芸の良さが一気に進みました。

これはちなみに「ザ・めだか、全身体内光」として知人から入手した系統ですが、

おそらく、透明鱗幹之を作っている過程で出現したといわれている

百式幹之に関しても同じようなことが起こっているのだと思います。

試しに、百式幹之も育てて繁殖させましたが、

ザ・めだかスペシャルよりも透明鱗の気が強いと感じました。

出来上がったものは全て売ってしまったので、

その後を追うことはありませんでした。

そして、全身体内光幹之を繁殖育成しているうちに、

こんなメダカと出会いました。
全身体内光幹之の横光り種親
全身体内光幹之の横光りで、最初に見つけた1匹の画像です。

当時の感動といったらもう。。。

これが、2年前の出来事でした。

店主は、この子に「ジュエル」という名前を与えて繁殖させていきました。

全身体内光幹之としての資質も高く、

たくさんの全身体内光幹之を作れるようになり、

育った仔の多くは、昨年の夏くらいまでに当店から送り出しました。

それでも、横光りをする個体は、それほど多くは出ませんでした。

その次の世代を昨年春から繁殖をさせて、

現在は販売品レベルでこのような個体もいるくらいに発達しました。
IMG_6799.jpg
繁殖、選別の繰り返しによる、1つの成果だと考えています。

ただ、全身体内光の芸が出るのも遅いですし、

横光りの芸は、その更にあとに出てくる芸です。

ですので、量産しても成果が出ているかどうかというのは、

かなり後になってわかることです。

コンスタントにたくさんを作れるものではないということなのでしょう。

〇〇系統、■■系統というのは、

その選別師の癖だと考えています。

どこに重点を置いて選別したのか。

そういったものが系統の違いに表れてくるものだと思っています。

この横光りに関しては「夢や系 全身体内光幹之」といって良いものなのでしょう。

今後もこれに関しては、より良いものを作れるように努力していきます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。