FC2ブログ
2018/03/13

監修本について

最近、またあの本のことについてお店で話題にあがることが増えてきました。

メダカ生活はじめませんか

新品価格
¥1,458から
(2018/3/13 17:25時点)




2016年6月に発刊され、こないだ読売新聞の記者さんとお会いした時に購入されたということなので見せてもらったら既に6版目という。

まあ、1度にどの程度刷ってるのか知りませんけど、よく売れているみたいです。

お客様でも持っている方が多いのはお話を聞いていて感じるところですが、

この本では突っ込んだことはそんなに書いていません。

ですので、メダカの基本を熟知している方には物足りない本なのかもしれませんね。

本の構成を渡され、原稿を書く際に編プロの担当の方から言われたのは、

「小学生やメダカや水生生物を知らない人にも分かるような本を出版したい」

ということです。

「小学校の図書室に置いてもらえる、地域の図書館に置いてもらえる、そういう本を目指しています」

そういう役割を与えられて書いたのがこの本です。

基本をすっ飛ばして、ネットにあふれる情報を頼りにつまみ食いしながら今のメダカ飼育を楽しまれている方には、

いざという時のレスキュー本になるかもしれません。

飼育も上手くいってるときは良いのですが、

良い時ばかりじゃないのも生き物を飼育していて痛感することです。

「何がいけないのだろう?」と感じたら読み返してみるのも良いと思います。

本っていうのは「言い切る」ことが前提ですので、

無難なラインを書いています。

水換えにしたって、店では全換水していても本には半分程度の水換えと書くわけです。

その無難なラインを読みながら、うちのお店に来て店主とメダカの話をしている方は、

かなり飼育には強いところがあります。

まず失敗が少ない。

店主が失敗してきたことが本に集約されているわけなので、

本を読んでいる人は、店主が失敗したようなことを避けて飼育に臨めるわけです。

そういった意味では確実に越冬もできているでしょうし、

変な失敗をせずに乗り切れているといえるのでしょうね。

さて、ここ2週間くらいは遠方のお客様も増えてきました。

本を書いていることで、知名度が上がり訪れる方も増えるという、ありがたい格好になっています。

きっと、めだか夢やに来れば他とは違った何かがあるんじゃないか?

そんな期待を持っていることは、

私が初めてめだかの館や花小屋へ行ったときに思っていたことなので、

容易に想像が付きます。

「かつて、私もそうだった」

ということはたくさんありますし、本当に気持ちもわかります。

そういう気持ちを抱きながら、交通費や時間を費やしていらしてくれた。

そういった期待を裏切らないようなお店を展開していきたいと思います。

スポンサーサイト
2018/02/16

定休日なので

午前中だけ少し作業をして早あがりしてきました。

今日もガツガツ作業を進めようと思っていましたが、

体が少し言うことをきいてくれない感触と、

なんか気持ちがもう1つ乗ってこなかったので、

少し休んだら気持ちも体も楽になるのかな。。

っていう経緯での早あがりとなりました。

帰宅してからは事務作業は一切行なわず、

好きなYoutubeの動画を見たりして過ごしていました。

その中からいくつかピックアップしてみました。



競馬自体は実際に私自身が競走馬の厩務員の経験があるくらいに好きなものなので、

馬券を買うことはなくても、競馬のレースはよく見ます。

この動画の中で的場文雄騎手が言っている

「人が5頭世話をすれば自分は10頭やる。人一倍頑張った。」

という言葉がとても染みました。

自分で自分を問うたのは、

「以前の自分はそれそのものだったけど、今はどうかな?」

ということ。

今日のところはガツガツやりすぎて今年の終わりにポックリ逝ったらシャレにならんよな。という判断でしたが、

一晩よく寝て、明日からはバリバリやりたいと思います。

うちのスタッフが今の店を借りた直後に私に言った言葉も思い出しました。

「地代が3倍だったなら3倍頑張れば良いじゃん」

これも当時の私に染みた言葉です。

もうすぐ移転して1年になります。

1年やって思ったのは、

「売り上げも増えたが支払いも増えたなぁ」

ということ。

生活自体が太くなったということを実感する毎日です。

明日からもまた「人の3倍頑張る」を胸に頑張っていきたいと思います。



タイトルが秀逸です。笑

昨冬、店を移転する前に死にかけて、

今冬、また死にかけています。

リアルにいえば、昨冬は本当に死にかけた。

今冬は死ぬほどではないけれど、

今も12月、1月の支払いに追われているといった感じ。

ん?さらけ出しすぎたかな?

神経が図太くなった分だけ関係者(特に役所)には迷惑をかけています。

この動画からもネガティヴではなくポジティヴに学ぶことは多いです。

経営を入れる。作戦で勝つ。などはその典型でしょうね。





これらは、うちの長男が「将来的に農業事業で起業したい」と常々言っているので目に付いたもの。

とはいえ、私自身も起業して専業となってからは4月で2年という未熟者ですので、

このチャンネルの他の動画も見入ってしまいました。

変な起業セミナーよりはずっと具体的で見やすかったと思います。

そんなこんなで、夜は好きなものを食べて、

好きなお酒を少しだけ飲んで、

その勢いで早めに就寝したいと思います。

IMG_7725.jpg

この容姿、全身体内光ですが、全身体外光といった印象です。

この芸が表面化するまで時間を要しますが、

春にオス2メス3まで絞り込んだ甲斐がありました。

全身体内光 横光り ジュエル。

そう銘打ってハウスで繁殖選別しています。

確実に進歩しているどころか去年の繁殖においては飛躍したといって良いくらいにレベルが向上しました。

それも今のタイミングになって気付いたことで、

今年もこの芸をさらにレベルアップさせていいきます。

これも販売品の写真ということで販売用の写真は撮影してありますが今日はお休みです。

売り上げがあがったほうが良いのはわかっていますが今日は好きなことだけやって、

明日はスタッフお迎えの時間の前からバリバリ働きたいと思います。
2018/02/13

春の訪れと言うには

まだ早い。

はい。ここまでがタイトルです。

それにしても、このたびの寒波の影響で北陸地方など大雪の被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

また、事故などの犠牲になってしまった方のご冥福をお祈りいたします。

福井県のビニールハウスの倒壊のニュースを見て、気持ちが沈んでしまいました。

1日も早い復旧を心より願っています。

さて、3連休が終わって今日も続けて平日体制での営業となりました。

「ちょっと見せてください」

という感じで訪れる方が多くなりました。

IMG_7431.jpg

とにかく今は見ていく。

ゆっくりじっくりと、たくさんのメダカを見ていってほしいです。

なんとなく、目に留まったメダカは暖かくなった時に買いに来てもらえるでしょう。

メダカブームといわれて久しい今でも、

「こんなにたくさん種類がいるんですね~」

と驚かれます。

当店では1匹売りの品種が現在は26品種、セット販売品のほうで20~30品種程度、おおよそ50品種前後を販売しています。

もちろん、既に水槽を立ち上げていてお買い求めしていただく方もいました。

季節柄、室内加温飼育という時期でもなくなってきました。

外のメダカがいつから動くんだろう?というソワソワした雰囲気がお客様からも感じられるようになってきました。

IMG_7634.jpg

3連休にセット品として用意したものですが、

黒パンダの半ダルマのセットには注目していただきました。

実際にお買い求めくださったお客様もいましたし、

改良しつつ、今年も数を作っていこうと思います。

IMG_7656.jpg

現物セット品っていうのは売れたらおしまい。

タイミングとかめぐりあわせってお店では言っています。

明日までは朝の冷え込みがキツイようですが、

明後日からは朝の冷え込みが緩みます。

曇り予報なのは仕方ないとして、

凍結しないのは個体が傷まなくて良いことです。

今は人伝いに聞いて初めて店に足を運んで来るお客様が多いのは当店にとってはありがたいことです。

IMG_7602.jpg

とにかく見ていく。

メダカの飼育を去年に始めたばかり、これから始めようと思っているという方もいらっしゃって、

じっくりとメダカを驚きの目で見ていきます。

きっと値札の値段にも色んな意味で驚いている方もいるのでしょう。

興味津々に1時間近く見ていってくれます。

メダカを夢中に見ている時っていうのは、

店主はあまり話掛けずに自分の作業をしていることが多いです。

だいたい、手持ち無沙汰にしてるのかな?っていうタイミングで初めて話しかける感じが多いと思います。

それまでに用ができたら気軽に話しかけて欲しいと思っています。

IMG_7572.jpg

さあ、買うぞ!ってお客様が思ったタイミングでメダカがいなければ、

お客様はガッカリしてしまうでしょう。

今のうちにたくさんのセット品や1匹単価品の選別を済ませており、

これからも続々と選別をしていきます。

IMG_7532.jpg

そういえば今日も現物セット品の販売ページを更新しています。

現物セット品の販売ページ

ミックスメダカもかなり貯まってきました。

ミックスメダカの卸なんかもできるのかな~って考えたりもしますが、

多分、春の店売りで足りなくなるのでしょう。

足りないくらいに売れてほしいです。

IMG_7522.jpg

店売りでも通販でもそうなんですが、

メダカは趣味。

その趣味を他の地域でするよりも何倍も楽しめるようにお手伝いできるお店っていうのが店主が考える理想です。

めだか夢やと付き合っていて良かった。

そう思ってもらえたら、

きっと普段の作業の疲れなんかも吹っ飛んでしまうんでしょうね。

IMG_7590.jpg

今回は交配過程の有力な繁殖親などもアップしています。

現物セット品の販売ページ

IMG_7548.jpg

予算的な幅も持たせて、

こういう親から数を取って、今の姿に仕上げた。という実績を作りながら、

お客様とメダカ作りについて話したり、

本当に有意義な時間を過ごさせてもらっています。

IMG_7472.jpg

もちろん、あまり実物を見れないような上級個体でセット組みしたものなんかも見て驚いてもらっています。

静止画よりもずっと美しいと言ってもらえているのが嬉しいです。

IMG_7592.jpg

あと、「めだか夢やは正直な写真が多いですよね」って笑われるんですが、

メダカとお客様には正直でありたいし、

正直なお店を評価してもらえたら、

きっとずっとメダカっていう趣味に飽きるまで付き合ってもらえるんだろうな。って考えてお店をしています。

今週は金曜日まで休みがありませんが、
(金曜日も作業が詰まっている。。。)

ぜひ、明日からも遊びに来てください。

2018/02/07

今年もきっと

今日は店が終わってからいつまでも残らず早上がりしました。

ここ数日は精力的に(って自分で言うなw)販売品を選別、写真撮影、通販へのアップという流れを作ってました。

現物セット品の販売ページ

今日もアップしていますので、ぜひご覧になってください。

商品説明欄だけでは砕けた説明ができない店主のストレスもあり、ここを更新するようにしたので、

結局のところ、商品紹介ということに行き着くんですが、

お店に実際に足を運んでくださる方に向けて説明しているのと同じような説明をできないかな?って思っています。

賛否はあるでしょうが、

きっと、共感できるところもあるかと思います。

IMG_7176.jpg

販売品としてアップしている「松井ヒレ長 黒系」という表記のメダカです。

言わずと知れた「全体伸長型のヒレ長メダカ」であり、その中の黒系のカラーバリエーションとなります。

「天女の舞」としても有名なんですが、天女の舞〇〇が良いのか、松井ヒレ長〇〇が良いのかは自分では今更判断が付かないので、

最初に使われた表記を当店では使用しています。

と、まあ、それはそれとして、

これらの個体、ブラックもいれば透明鱗もいたり、ブラック黄金もいたりで統一感があまりないんですが、

全て同じ腹から生まれた兄弟なんですね。

(松井ヒレ長 茶系パンダ×黒蜂)F4

そんな経緯を持ったメダカです。

成り立ちはブラックキングに近いと思います。

サタンはオロチ交配なのでもっと黒が安定していますね。

黒さの程度としては、それほど黒くはありません。

あくまで「黒系」としか言えないような感じです。

なので、価格帯は比較的に手頃?なつもりでいます。

以前にNHKが生中継に入ったときに「水墨画のような美しさ」なんて局の担当の方が打ち合わせで言ってくれたのを覚えていて、

「それ、いただきますね。笑」って感じで今でもそんな表現を使って説明しているメダカなんです。

IMG_7174.jpg

ヒレの色もそこそこあって見た目はとても良いです。

人に自慢できるほど真っ黒じゃないけど、誰が見ても第一印象がカッコイイめだかじゃないかなって思っています。

去年のうちにオロチとの交配も済ませてあるので、

もっと安定感のあるものを作れればと思っています。

IMG_7219.jpg

そうそう。この記事のタイトルですが、

今年もきっと黒いのが売れるんだろうな~ってことを言いたかっただけです。。。

これも黒いですね。

画像はブラックメダカと表記した10匹セットのものです。

〈(黒ラメ×黒蜂)F1×オロチ〉F2

そんな経緯のメダカです。

店主的には、

「漆黒ラメで売るほどラメがないんだけど小川ブラックよりはずっと黒いのが出るし安定して黒いんだよね」

そんなメダカです。

透明鱗からわざわざ引き離すような選別を経ているので、

黒さはオロチのようなものではありません。

IMG_7224.jpg

この販売セットの10匹の中でも優劣をつけられるくらいの差があるんですね。

安定して黒いのがいるのと、とりわけ良いのを混ぜています。

10匹セットの中から選別も可能でしょうね。

実際に黒さが強いのはオス1匹にメス1匹。

黒さが強いもので1ペアが作れるので、それで採卵も可能でしょう。

そのへんは買ったお客様がそれに気づけば好きにして良いところだと思います。

ただ、あんまり1対1の交配っていうのはお勧めしてません。

黒ってただでさえ神経質なところがあるのに、

体質的に弱くしてしまったら、なおのこと神経質になってしまう。

黒蜂とオロチの比較でいえば、オロチのほうがそれほど神経質ではない。

というのが良い例かもしれません。

体質的にもオロチのほうが強いですしね。

でも、黒蜂もだいぶうちで強くなりました。

その代わりに黒さでいえば、やや幅が出てきたかな?って思います。

このへんは今年の親選びで帳尻を合わせようと思っています。

体質ってどう見分けるの?っていうのは、

私が1つ指標としているのは「育ちの早さ」です。

「近親交配による奇形」なんて言葉をよく耳にするんですが、

そうなる前に、まず体質の弱さは育ちの早さに表れます。

あんまり言うと、特定品種を狙い撃ちしてしまうことになるので、

これ以上は言及しませんけど、

「このメダカ、全然育たないな~」って感じてるメダカがいたら水質維持には特に神経をとがらせておきましょうね。

あ、話が逸れました。

そんなわけで10匹セットっていうのの意義があるんです。っていう話でした。

現物セット品の販売ページ

どうせ繁殖させて育てるならば、育てづらいメダカよりも育てやすいメダカが良いだろうな。って常々思ってメダカを作っているんですよ。

IMG_7218.jpg

純粋に黒いメダカを白い容器で育ててみたい。

できることなら、こんな黒い子たちを繁殖もさせてみたいな~。

そう思ったらぜひお買い求めいただければと思います。

これまで、マニアほど高額でより黒いメダカを買っていた傾向がありましたが、

今年はだいぶ黒いメダカが手頃な価格で手に入るようになるかもしれませんね。

そういった意味では黒いメダカは今年も人気が衰えないんだろうな~って思っています。

2018/02/05

立春を過ぎれば

立春が過ぎました。

感じるのは日が暮れるのが遅くなり、寒くなるのも遅くなりました。

それから気温が低くても日差しが強くなってきたと感じます。

春が待ち遠しい。なんて言ってて、

結局のところ、あっという間に春が来て、あっという間に繁殖期が終わるという、あっという間のシーズンを今年も過ごすんだろうな~って思っています。

IMG_7150.jpg

これはオーロラ幹之のブルータイプで深海みたいな選別をしてセット組みしたもの。

セールも終わり、今は現物セット品のページで販売をしています。

現物セット品の販売ページ

店主用にもペア組みしましたが、意外とこういった個体が少なくて販売品も画像の分だけです。

オーロラ幹之ならではの透明感が腹膜の青さと絡みあって店主好みのメダカです。

私の琴線に触れる美しさってことは、私と同じようなところを好きな方がいるのかもしれませんね。

春から使える繁殖親と思って購入するのがおすすめです。

IMG_7125.jpg

これは同じ系統で体外光がまちまちなものでのセット組みです。

スーパーブルーと銘打つものほどの迫力はありませんが、

価格が9匹3000円ということで結構手頃だと思っています。

白い睡蓮鉢をはじめとして白い大きめの容器で飼ってもらいたいメダカです。

これは大きくなっても変にくすんだりしないメダカなので、

最後の最後まで美しさが増します。

だから、まずは飼ってほしいですね。

現物セット品の販売ページ

繁殖親としての資質はスーパーブルーのほうが格段に上なので、

繁殖親として高グレードだとは思いませんが、

殖やしたところから良い個体だけをピックアップしていく心構えならば、

チャレンジしてみるのも良いと思います。

とにかく手頃な価格帯でとても綺麗なメダカだということで飼ってみるのがストレスにならないんじゃないかな?って思います。

色んなお客様と接していて、メダカを飼うことが癒しになる人と、メダカを飼うことを張り切りすぎて半年後にはストレスになってしまっている人がいます。

だから店主は張り切りすぎてパンパンに緊張したお客様の心をほぐす役目をすることが多いですね。

毎日メダカと楽しく過ごしているうちに、いつの日か良いメダカが育っている。

そんな感覚ならどれほど楽でしょうね。

当店のお客様はもちろんですが、これを読んでくれている人の心がメダカに対して張り切りすぎていたら、

心を少しだけ緩められるような話をこれからも書きたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。